WindMusic@RAG
吹奏楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
吹奏楽部を辞めたいと思っているあなたへ。こんな理由では辞めないほうがいい

吹奏楽部を辞めたいと思っているあなたへ。こんな理由では辞めないほうがいい

吹奏楽部といえば文化部の中でも最も体育会系の部活ともいえるほどハードな部活。

どれだけ音楽が好きでもやはり辞めたい……と思うことありますよね。

そこで今回は吹奏楽部を辞めたいと考えている方に向けてアドバイスを書いてみました。

はじめに

ダメ

本気でやってたら誰だって一度や二度は辞めたいと思います。

ぼくは一度や二度じゃありません。

高2の時にはしょっちゅう辞めたいと思ってました。

辞めなかったのは

  • 部活だけで選んだ学校だから辞めたら学校に来る意味がなくなる
  • 辞める勇気がなかった

こんな理由でほとんど意地で続けていました。

それでも卒業のころには辞めずに続けて本当によかったと思えたし、楽器以外のことで今役立っていることもたくさんあります。

もちろん無理に続けろとは言いません。

しかし続けることで得られるものがあります。

辞めるかどうかもう一度よく考えてみましょう。

辞めたいと思う理由には

  1. みんなの技術についていけない
  2. 勉強時間がとれない
  3. 吹奏楽が楽しくなくなった

こういったものがあるようですが、この理由なら辞めないほうがいいです。

みんなの技術についていけない

ぼくのいた部でも辞めていく人がいましたが、この理由が特に多いように思います。

ぼくが辞めたいと思ったのもこれが理由でした。

自分なりに必死に練習してもなかなかうまくならず、先生にしょっちゅう怒られる。

これが続けば辞めたくもなります。

ぼくは続けることを選んだのでうまくなるにはどんな練習をしたらいいか調べました。

吹奏楽の楽器ごとの練習の本もたくさん売られていますし、今ならググってみるだけでも分かることがたくさんあります。

そうやって自分の問題点を見つけ改善していけば少しずつ上達していきます。

ぼくの場合は吹くときに力を入れすぎていることがよくないことが分かりました。

楽器の上達にはこの本がおすすめです。

主に管楽器向けではありますがコントラバスや打楽器にも共通する内容がありますし、楽器別のワンポイントアドバイスも書かれていてとても役立ちます。

あとは周りに頼ってみることも大切です。

みんなの技術についていけないと悩む人ならおそらく毎日残って練習するなど、人一倍努力をしています。

そういう姿をみんなも見ていて、認めてくれているはずです。

だから困っていることを相談してみたら快く協力してもらえます。

吹奏楽は団体戦。

必要ない人は一人もいません。

自分ひとりで悩まずにみんなで上達していきましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい