WindMusic@RAG
吹奏楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
アルトサックスのマウスピースの選び方。クラシック・吹奏楽編

アルトサックスのマウスピースの選び方。クラシック・吹奏楽編

「もっと太い音を出したい」

「もっと艶やかな音を出したい」

などなど、音色を変えたいなぁと思ったことありませんか?

そんなときに、最も有効なのがマウスピースを変えてみることです。

今回は、クラシック・吹奏楽系におすすめのマウスピースを、実際に試してみましたので紹介したいと思います。

アルトサックスのマウスピースの選び方

サックス

http://o-dan.net/ja/

各社から実にさまざまな形状、材質のものがリリースされていて、本当に個性が豊かです。

店頭で試奏できても、ほんの少しの時間でそのマウスピースのいいところを引き出すような奏法や、リードとのマッチングを探すのは至難の業ですよね。

そう、なかなか自分にあったマウスピースは見つけられないものです。

かくいう筆者も、いつもマウスピースには悩まされて、いくつものマウスピースを試してきました。

そんな経験も踏まえ、今回はオススメのマウスピースについてお届けしたいと思います。

リリースされているすべてのマウスピースを試したわけではありません。

実際に試したものについてのみ記事にしましたが、その時々で楽器やリードのセッティングも異なりますので、今日のセッティングで吹いたら、まったく異なる印象になることもあると思います。

そのあたりはご了承いただき読み進めてくださいませ。

クラシック・吹奏楽系 オススメのマウスピース3選

サックスマウスピース

クラシック・吹奏楽系で求められる音色はある程度決まっています。

時代や国によって少し違うのですが、筆者の認識では「艶やか」「華やか」「あたたか」「まろやか」「よく響く」「芯のしっかりした」音かと思います。

例えば、次代を担う若手サックス奏者、上野耕平氏と松下洋氏の音色などは、そんなイメージにぴったり(本人たちは違うイメージかもしれませんけど)。

いかがですか?

美しい音色ですよね!

こんな音色がお好みのあなたにオススメのマウスピースを3つセレクトしました。

おすすめの記事あわせて読みたい